2018年センバツは大阪桐蔭が優勝 春連覇の偉業 ドラフト目線で大会総括

決勝戦もいかんなく実力を発揮し大阪桐蔭が優勝しました。センバツ大会前から前評判の高かったチームですが、中々前評判通りに行かないのが世の常です。現に、新チーム発足直後から「最強」と言われ続けたものの、神宮大会では創成館に敗れたり、センバツ大会前の練習試合で負けたりと試行錯誤の様子が分かりました。それでもセンバツ大会中は圧倒的強さを感じました。リードされていても落ち着いているし、カードはいくらでもあるぞという。また春夏連覇の期待もかかりますからね。可能性は十分あると思います。そしてその秋、何人が指名届を出し、指名されるか、出さない選手の進路含め、非常に気になります。このブログでも追いかけていきます。優勝おめでとうございます。 大阪桐蔭選手ドラフト一覧は下にリンク貼っときますね。あとは個別評価では大型セカンドの山田健太選手と強肩の捕手小泉航平選手を追加予定です。 では、サラリーマンスカウトのドラフト候補視点での大会総括です。 まず一番目立ったのはやはり大阪桐蔭税勢、根尾昂選手。打者の評価が高かったものの、投手としても準決勝、決勝で制球が安定し、非常に良い投球でした。投手として評価する球団も出てきそうで、本人の意向も気になるところ。間違いなく1位候補ですね。そして4番を打つ、藤原恭大選手も力はずば抜けており、3拍子高いレベルで高校生ながら時間がかからず、1軍に入ってこれそうな選手です。高校の外野手というカテゴリーにおいて1位は難しいのですが、それでも1位だろうなという選手ですね。エース柿…

続きを読む

2018年センバツ投手ランキング サラリーマンスカウト独自の評価

全高校出場し、今日は前回登板のなかった智辯和歌山平田投手も登板したので、2018年のセンバツ投手ランキングをします。ご意見ご感想あればツイッターやコメントにお願いしますね。 一応評価のつけ方としては「スカウト」の目線で見たときという風に私がプロのスカウトだったなら指名したいなと思うランキングにします。例えば勝てる投手だけど完成されすぎててみたいな投手評価低めにします。 1位 日大三   井上 広輝  2年生 2位 大阪桐蔭  柿木 蓮 3位 松山聖陵  土居 豪人 4位 明徳義塾  市川 悠太 5位 彦根東   増居 翔太  6位 智辯和歌山 平田 龍輝 7位 星陵    奥川 共伸 2年生 8位 東海大相模 斎藤 礼二  9位 富山商業  沢田 龍太 9位までつけました。いかがでしょうか。抜けもあるかもしれません。ご指摘ご意見お聞かせください。1位には2年生ながら日大三井上広輝投手をいれました。最速147キロだけでなく、常時140キロを内角に腕を振って投げられ、フォームの良さ、まだ筋肉が増やせる素材感など来年の目玉候補です。2位には柿木投手を入れました。大阪桐蔭ということで逆に過小評価気味な感じが僕はしています。3位には松山聖陵土居投手を1回戦で打ち込まれましたが、190センチの長身に意外とまとまりのあるフォームでこれは夏には150キロ行くかなという感じを受けました。今回の評価は以上です。あとは個別でどんどん評価足していきますんでまた見に来てくださいね。なるべく…

続きを読む

センバツ大会6日目ドラフト候補評価 松山聖陵土居豪人打ち込まれても。。評価は◎

大会6日目です。 松山聖陵 土居豪人 松山聖陵高校といえば2学年上に現在広島でブレイクしかけているアドゥワ誠投手で甲子園に出場し最近愛媛で結果を残しているチームです。アドゥワ投手も196センチの長身から140キロ中盤を甲子園で投げ込み、潜在能力の高さから5位で指名を受けました。プロの練習を経て現在は153キロまで球速が伸びたそうです。土居投手は今日最速147キロ。投球フォームも思っていた以上に長身投手特有のぎこちなさなどはなく、まだまだ伸びていける素材感満載な投手だなと感じました。今日は打ち込まれましたが、スカウトの評価は落ちていないように思います。制球が悪いのが地区予選からの課題ではありましたが、そこまで破綻している感じではないですね。ちょっとしたところの改善で良さそうです。チェンジアップやカーブの変化球も腕を振る中でブレーキ、落差があり、面白いと思いました。ドラフトでは現状4-7位くらいですね。育成では指名できない感はあります。潜在能力込みで先輩と同じ5位くらいが収まり良いですね、それもこれもこれからの伸び次第ではありますが。最近の高校野球は非常にレベルが高く、もはや球速だけでは評価されない時代になってきました。一昔前では150キロさえ出れば確実に指名されていましたが、今ではドラフト漏れも珍しくなく、下位指名や、育成の高校生でもMAXであれば150キロをマークしたことがある投手はゴロゴロいます。そういった中で球速だけだけじゃない部分で評価できるところが多くあるように感じました。投球…

続きを読む